ごあいさつ

理事長理事長渡邉

 皆さまには日頃より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
 昭和25年の設立以来、けんしんは常に県民の皆さまとともに歩んでまいりました。この間、地域金融機関としての使命に徹し、今日の業容を築き上げることができました。これもひとえに、皆さまのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 さて、日本経済は平成24年11月を底に緩やかな回復基調を続けており、海外経済の緩やかな回復のもとで輸出や生産が持ち直すとともに、雇用・所得環境が一段と改善に向かっています。
 県内の経済をみますと、輸出を基点とする製造業部門の改善を主因に緩やかに回復しており、個人消費は基調的に底堅さを維持しています。一方、当組合の主な取引先である中小企業・小規模事業者の業況については、人手不足や人件費の上昇など、依然として厳しい経営環境が続いています。
 このような中、けんしんは、地域経済の活性化に向け、中小企業・小規模事業者への円滑な資金供給や相談業務の強化、支援体制の充実に、これまで以上にスピード感と使命感を持って取り組んでまいります。
 平成30年度は、第8次中期経営計画(計画期間3年)の最終年度となります。引き続き「地域の活性化を目指して 地域密着型金融の更なる深化」を経営ビジョンと位置づけ、5つの基本方針「収益力の向上」「人才育成の充実」「成長分野への積極的な取組み」「取引先事業者との関係の強化」「リスク管理の充実」のもと、地域社会の発展に貢献するべく役職員一同全力で邁進してまいりますので、引き続きなお一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。