沿革

昭和25年以来、地域のみなさまのご支援をいただきまして心より感謝しております。今後とも、地域社会から信頼され、なくてはならない信用組合を目指してまいります。

昭和25年(1950年)

茨城県商工信用組合として設立

昭和29年(1954年)

優良金融機関として、大蔵大臣、日本銀行総裁、貯蓄増強推進委員会より表彰される

昭和31年(1956年) 大津信用組合を吸収合併
昭和49年(1974年) 預金量1,000億円達成
昭和54年(1979年) 全国482信用組合中預金量第1位となる
昭和56年(1981年) オンラインスタート
昭和58年(1983年)
  • 茨城県信用組合に名称変更
  • 預金量3,000億円達成
平成元年(1989年)
  • 預金量5,000億円達成
  • 店舗数50店舗となる
平成 2年(1990年) 大子信用組合を吸収合併
平成 5年(1993年) 預金量7,000億円達成
平成 8年(1996年) 店外ATM(けんしん太郎)新規開設
平成 9年(1997年)
  • けんしんローン相談室「オアシス」を開設
  • 太田昭和監査法人(現 新日本有限責任監査法人)による会計監査を導入
  • 大晦日に営業窓口を開く
平成10年(1998年) 幡谷理事長が全国信用協同組合連合会会長に就任
平成12年(2000年) 創立50周年を迎える
平成13年(2001年)
  • 69店舗目となる泉町支店を水戸市泉町1丁目1番1号に開設
  • けんしんローン相談室「オアシス」を泉町支店内に併設
平成14年(2002年) 生命保険の窓口販売開始
平成15年(2003年)
  • 新コンピュータシステム(SKCシステム)を導入
  • 「けんしん天体研修館プラネタリウム」を開館
平成16年(2004年)
  • 勝田信用組合、日立信用組合と合併し、新生茨城県信用組合となる
  • 女性だけのスタッフによる「偕楽園前出張所」を開設
  • 幡谷理事長が「水戸市文化栄誉賞」を受賞
  • 事業所内保育施設「けんしん土筆(つくし)保育園」を設置
平成17年(2005年)
  • 日立支店、つくば中央支店内にけんしんローン相談室を新規開設
  • 県庁支店を県庁前支店と名称変更して移転新築オープン
  • 多賀支店を新築オープン
  • けんしんビジネスバンキングを開始
  • 預金量一兆円を達成
平成18年(2006年)
  • 福利厚生の一環として、「出産祝い金」を支給する制度を新設
  • 金融犯罪(キャッシュカード不正利用、フィッシング詐欺、スパイウェア、振り込め詐欺等)に向けた取組みを強化
  • 女性だけのスタッフによる第2号店「赤塚駅前出張所」を開設
  • 泉町支店にトリックアート登場
平成19年(2007年)
  • 勝田中央支店を移転オープン
  • 潮来牛堀支店を開設
  • 湊支店を移転オープン
平成20年(2008年)
  • 幡谷理事長が「旭日中綬章」「警察協力章」を受章
  • ローンセンター「クレオパトラ」オープン
  • 「農林水産部」を新設
平成21年(2009年)
  • 農林水産部による「新鮮野菜の産直市」の開催
  • 「新水戸八景記念碑」を水戸市に寄贈
平成22年(2010年)
  • 「ICキャッシュカード」取扱開始
  • 信組業界初「農業経営アドバイザー」の誕生
平成23年(2011年)
  • 常陸太田支店を開設
  • 関東財務局から「平成23年度地域密着型金融への取組み」で顕彰を受ける
平成24年(2012年)
  • 幡谷理事長が会長に昇任、後任の理事長には渡邉副理事長が昇任
  • 経営革新等支援機関の第1号認定を受ける
  • しんくみネット「地域ネットワーク」の取組開始
平成25年(2013年)
  • 渡邉理事長が全国信用組合中央協会会長に就任
  • 営業推進部内に「地域支援室」を新設
平成26年(2014年) 『子どもと家族・若者応援団表彰』の「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞
平成27年(2015年) 渡邉理事長が茨城県中小企業団体中央会会長に就任
平成28年(2016年) 『平成27年度茨城県結婚・子育て応援企業表彰』の「優秀賞」を受賞